どぅも、どぅも、右近でござい。

今回は、「Google Search Console Team」様から

「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」

という問題が検出されたぜ!っていうメールをいただきましたので、

私が行った対策をご紹介したいと思います、えぇ、思いますとも。

 

↓いただいたメールです

 

スポンサーリンク

1.この記事が役に立つかもしれない人の条件

 

まず初めに、この記事の内容が役に立つかもしれない人の条件を提示しておきます。

逆に言えば、条件に当てはまらなければ、この記事はあまり役に立たないかもしれません。

 

【この記事が役に立つかもしれない人の条件】

  • プラグインに「Google XML Sitemaps」を利用している
  • 送信された URL に noindex タグが追加されています」エラーが出ているページが【カテゴリー】ページである

 

2.「送信された URL に noindex タグが追加されています」が発生する原因

そもそもなぜ「送信された URL に noindex タグが追加されていますが発生するのかというと、

Google Search Console」に送っているサイトマップに登録しているページの中に、「noindex」を設定しているページがあるからです。

 

「noindex」を設定しているページは、Google検索エンジンのインデックスに登録されないのですが、送ってくるサイトマップの中には「noindex」を設定しているページがある・・・。

これはgoogleにとってインデックスに登録すると思ったら、せえへんのかい!!

という状態となっております。

よって、登録するのかしないのか教えてくださいというわけですね。

 

3.「送信された URL に noindex タグが追加されています」を解決する方法

 

ここからは、具体的に送信された URL に noindex タグが追加されていますエラーを解決する方法をご紹介していくのですが、

その前に前提条件とその確認方法をサッとご紹介します。

 

前提条件は、先ほども書きましたが、

  • プラグインに「Google XML Sitemaps」を利用している
  • 送信された URL に noindex タグが追加されています」エラーが出ているページが【カテゴリー】ページである

です。

 

 

一つ目の条件「プラグインに「Google XML Sitemaps」を利用している」の確認方法は、

ワードプレス管理画面の「プラグイン」から「Google XML Sitemapsを探し、有効化されているかで確認できます。

 

 

二つ目の条件「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」エラーが出ているページが【カテゴリー】ページである、の確認方法は、

まずGoogle Search Console Team」様から届いたメールの「Search Consoleを使用して対称範囲件の問題を修正」をクリックし、「Google Serch Console」画面を開きます。

※もしかすると、「Search Consoleを使用して対称範囲件の問題を修正」の文言は人によって変わるかと思いますが、

とりあえず青い枠をクリックすると「Google Serch Console」画面が開くと思います。

 

開きましたら、↓画像のように検出されたページが【カテゴリー】ページに該当するかを確認します。

 

 

2つの前提条件に当てはまった方、お待たせいたしました!

ここからが、解決方法になります。

 

解決方法はとっても簡単。Google様に送るサイトマップに【カテゴリー】ページは含めないようにするだけです!

そのための方法としては、ワードプレス管理画面の「設定」から「XML-Sitemap」をクリックし、「Google XML Sitemaps」設定画面を開き、

Sitemapコンテンツの「カテゴリーページを含める」のチェックを外すだけです!(忘れずに設定の変更を保存してください)

 

あとは、「Google Serch Console」画面に戻り、「修正を検証」ボタンをクリックし、検証が終わるのを待つだけです。

検証には数日かかるようなので、気長に待ちましょう。

 

 

4.おまけ

 

もし、【カテゴリー】ページ以外に「noindex」を設定しているページがある場合、そのページをサイトマップから除外する方法もご紹介しておきます。

方法としては、先ほどと同じく「設定」から「XML-Sitemap」をクリックし、「Google XML Sitemaps」設定画面を開き、

Excluded Itemsの「投稿(個別記事)を含めない」に、サイトマップに含めたくないページ(noindexを設定しているページ)の記事IDをカンマ区切りで設定します。

記事IDの調べ方は以下のサイト様が非常に参考になります。

https://wp-exp.com/blog/id-confirmation/

 

 

 

あとがき
今回は、サイトマップ関係のエラーのお話をさせていただきました。

プラグインでサイトマップを自動で作り、自動でGoogle様に報告できるというのは便利ですが、

設定がとても大事なのだと、この記事を書いていて思いました。

設定を正しく行い、しっかりとSEO対策していきたいものです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
おすすめの記事