バグについて-eyecatch

 
 

「教育機関・プログラミング教室向け」プログラミング学習教材を販売中です!
当ブログだけのオリジナルプログラミング学習教材「0から始めるスクラッチ(Scratch)入門販売中!
この教材はこんな人におススメ!
今からプログラミング教室を開業したいけど、いい学習教材が見つからない
「解説動画」、「確認テスト」、「フィードバック用ワークシート」がついている学習教材を探している
小さい子どもでも、スクラッチ(Scratch)を体系的に学べる学習教材を探している
一人で大勢を教えることができる学習教材を探している
オフライン環境でも使える学習教材を探している
詳しい説明は↓をクリック!
 
 
 

おっす!
オラはみんなにスクラッチ(Scratch)おしえるためにやってきた「きんた・まりす」だぞ。
まりす」ってんでくれたらうれしいぞ。
今回こんかい
「プログラム」での「
バグ
」について説明せつめいするぞ。
できるだけ簡単かんたん説明せつめいするから最後さいごまでちゃんとんで理解りかいするんだぞ。
レッツ・スクラッチだぞ!
きんた・まりす
スポンサーリンク

1.「バグ」とは

 

バグ」とは、つくったプログラムがおもったとおりにうごかない原因げんいんのことだぞ。

 

 

「スクラッチ」でプログラミングしていると、おもっていたとおりにプログラムがうごかないことがあるな。

 

 

それは「バグ」のせいなんだぞ。

 

 

よくある「バグ」の紹介

 

いくつかよくある「バグ」を紹介しょうかいするぞ。

 

 

全角ぜんかく数字すうじ入力にゅうりょくしたれい

 

大文字の数字を入力した例1

 

このれいは、間違まちがえて「全角ぜんかく」の数字すうじ入力にゅうりょくしちゃったため発生はっせいした「バグ」になるぞ。

 

「スクラッチ」のブロックに入力にゅうりょくする数字すうじは、基本的きほんてきに「半角はんかく」じゃないとうごかないから注意ちゅういしてほしいぞ。

 

 

 

「ずっと」ブロックを使つかわすれたれい

 

「ずっと」ブロックを使い忘れた例1

 

 

このれいは、スペースキーをすと10歩動ぽうごかす、というプログラムを実行じっこうし「スペースキー」をしたけど10歩動ぽうごかなかった、というれいだぞ。

 

 

なんで「スペースキー」をしても10歩動ぽうごかなかったのかというと、こんなふうに「ずっと」ブロックをつかっていないからだぞ。

バグについて1

 

このれいは「ずっと」ブロックを使つか必要ひつようがあることをらないと、なんでうごかないのかなかなかづけないから注意ちゅうい必要ひつようだぞ。

 

 

 

 

 

2.「デバッグ」とは

 

「バグ」があるとプログラムがおもったとおりにうごかないことがかったとおもうぞ。

 

 

プログラムがおもどおりにうごくようにするには、「バグ」をなおさなくちゃいけないな。

 

 

「バグ」をのぞ作業さぎょうのことを「デバッグ」とったりするぞ。

 

 

デバッグ」とは、どこが「バグ」の原因げんいんになっているのかを調査ちょうさし、「バグ」をのぞ作業さぎょうのこと。

 

 

「バグ」を「デバッグ」せずそのままにしていると、どんどんプログラムがおもどおりにうごかなくなり、「バグ」をのぞくのもむずかしくなってくるぞ。

 

 

そのため、「バグ」をつけたらすぐに「デバッグ」して、「バグ」をのぞくことが重要じゅうようだぞ。

 

 

デバッグのやり方

 

「デバッグ」の方法ほうほうはいくつかあって、どんな「バグ」かによっても「デバッグ」の方法ほうほうわってくるぞ。

 

こううと、「デバッグ」はとてもむずかしくおもうかもしれないけど、「デバッグ」のポイントをおぼえれば、だれでも「デバッグ」できるようになるぞ!

 

いまから「デバッグ」のポイントを紹介しょうかいするぞ。

 

 

ポイント1 「バグ」の内容ないようをキチンと理解りかいする

 

「デバッグ」するときに一番大事いちばんだいじなことが、「バグ」の内容ないようをキチンと理解りかいすることだぞ

 

キチンと理解りかいしないで「デバッグ」すると、間違まちがえて「バグ」じゃないところをなおしてしまい、

それが原因げんいんでまたべつの「バグ」ができちゃったりするんだぞ。

 

そんなことになったら、いつまでたっても「バグ」をのぞくことができないな。

 

だから、「デバッグ」するときはまず、「バグ」の内容ないようをキチンと理解りかいすることからはじめるんだぞ。

 

 

具体例ぐたいれい

「スペースキー」をすと10歩動ぽうごくはずなのに動かない

「スプライト」の「コスチューム」を変更へんこうしたいけど変更できないなど etc...

 

 

「バグ」の内容ないようをキチンと理解りかいするコツ

 

「バグ」の内容ないようをキチンと理解りかいするコツとしては、一度いちどプログラムを実行じっこうしてみて、実行結果じっこうけっかがどうなるのかをしっかりと観察かんさつするぞ

 

そのあと自分じぶんおもっていたとおりにうごいていない部分ぶぶんつけるんだぞ。

(たとえば、スプライトを回転かいてんさせるはずが回転かいてんしないなど)

 

つけたら、その部分ぶぶん処理しょりを、プログラムのなかからさがすぞ。

 

 

 

ポイント2 一気いっきなおそうとするのではなく、すこしずつなおしていく。

 

「バグ」はかならず1つだけとはかぎらないぞ。

 

2つ以上いじょうあったり、1つの「バグ」のせいで色々いろいろなところが「バグ」みたいになっている場合ばあいなど、様々さまざまだぞ。

 

それなのにけっこうやりがちなのが、「バグ」をつけたら一気いっきなおそうとしちゃうことだぞ。

 

でも、ちょっとってほしいぞ。

 

もし、「デバッグ」にれていて、確実かくじつに「バグ」の原因げんいんかっている場合ばあいならいいけど、

「デバッグ」にれないうちから「バグ」を一気いっきなおすのは、ほかの「バグ」をつくってしまう原因げんいんになることがあり危険きけんなんだぞ。

 

だかられないうちは、一気いっきなおそうとするのではなく、すこしずつなおしていってほしいぞ

 

 

すこしずつなおしていくコツ

 

すこしずつなおしていくコツとしては、ブロックをわせてプログラミングするスクラッチの特性とくせいかして、

「バグ」の原因げんいんとなっていそうな処理以外しょりいがいのブロックを、いったんはなして実行じっこうしてみることだぞ。

 

1.

バグについて2-min

 

2.

バグについて3-min

 

 

 

 

ポイント3 「あたいブロック」のあたい調しらべるときは「~とう」ブロックを使つか

 

よくある「バグ」として、「変数へんすう」や「x座標エックスざひょう」ブロックなどの「あたいブロック」を使つかっている部分ぶぶん処理しょりで「バグ」が発生はっせいすることがあるぞ。

 

そんなときはだいたい、その処理しょり使つかっている「あたいブロック」のあたいが、おもっていたあたいちがうことが原因げんいんだったりするんだぞ。

(「値ブロック」についてはこの記事で説明しているぞ)

 

 

それでは、どうやって「あたいブロック」のあたい調しらべるのかというと、「~とう」ブロックを調しらべたい処理しょりまえみ、調しらべたい「あたいブロック」を「~とう」ブロックの「~」部分ぶぶんにはめむんだぞ。

 

バグについて4-min

 

バグについて5-min

 

そうすることで、「あたいブロック」のあたいを「ステージ」じょうたしかめることができるぞ。

値ブロックの値を確認する例1

 

 

 

3.さいごに

 

「バグ」の原因げんいんには本当ほんとうにいろいろあって、かならず「コレが原因げんいん」ということがないんだぞ。

 

でも、何回なんかいも「バグ」をなおしていると、なんとなく「バグ」の原因げんいんかるときがあるぞ。

 

もし、そのレベルまでたっすることができればきみも「プログラマー」の仲間入なかまいりだぞ!

 

それじゃまたな!

 

 

↓スクラッチ3.0はこちらをクリック

スクラッチ3.0はこちらです

 
 

 

「教育機関・プログラミング教室向け」プログラミング学習教材を販売中です!
当ブログだけのオリジナルプログラミング学習教材「0から始めるスクラッチ(Scratch)入門販売中!
この教材はこんな人におススメ!
今からプログラミング教室を開業したいけど、いい学習教材が見つからない
「解説動画」、「確認テスト」、「フィードバック用ワークシート」がついている学習教材を探している
小さい子どもでも、スクラッチ(Scratch)を体系的に学べる学習教材を探している
一人で大勢を教えることができる学習教材を探している
オフライン環境でも使える学習教材を探している
詳しい説明は↓をクリック!
スポンサーリンク
おすすめの記事