「教育機関・プログラミング教室向け」プログラミング学習教材を販売中です!
当ブログだけのオリジナルプログラミング学習教材「0から始めるスクラッチ(Scratch)入門販売中!
この教材はこんな人におススメ!
今からプログラミング教室を開業したいけど、いい学習教材が見つからない
「解説動画」、「確認テスト」、「フィードバック用ワークシート」がついている学習教材を探している
小さい子どもでも、スクラッチ(Scratch)を体系的に学べる学習教材を探している
一人で大勢を教えることができる学習教材を探している
オフライン環境でも使える学習教材を探している
詳しい説明は↓をクリック!

 

 

おっす!
オラはみんなにスクラッチ(Scratch)おしえるためにやってきた「きんた・まりす」だぞ。
まりす」ってんでくれたらうれしいぞ。
今回こんかいは「ブロック」の「おおきさを~ずつえるブロック」について説明せつめいするぞ。
できるだけ簡単かんたん説明せつめいするから最後さいごまでちゃんとんで理解りかいするんだぞ。
レッツ・スクラッチだぞ!
きんた・まりす
スポンサーリンク

1.「大きさを~ずつ変える」ブロックとは

 

おおきさを~ずつえる」ブロックとは、スプライトのおおきさを「~」に設定せっていしたぶんだけえることができるブロックだぞ。

 

 

 

「スクラッチ3.0」だと、「コードタブ」→「ブロック」のなかに「おおきさを~ずつえる」ブロックはあるぞ。

した画像がぞうをみたらすぐわかるぞ)

大きさを~ずつ変えるブロック01-min

 

 

 

・スプライトの「大きさ」について

 

 

おおきさを~ずつえる」ブロックの使つかかたまえに、まずはスプライトの「おおきさ」について説明せつめいするぞ。

 

大きさを~ずつ変えるブロック02-min

 

 

「スクラッチ」では、どのスプライトも、最初さいしょの「おおきさ」は「100」とまっているぞ。

(スプライトの「大きさ」がどのくらいなのかは、「スプライトリスト」をれば確認かくにんできるぞ。「スプライトリスト」についての説明せつめいは、ここてほしいぞ。)

大きさを~ずつ変えるブロック03-min

 

この「100」という数字すうじ最初さいしょおおきさだとかれば、「スプライト」のおおきさを2ばいにしたり、半分はんぶんにしたいときは「おおきさ」をなにえたらいいかすぐかるぞ。

 

たとえば、スプライトのおおきさを2ばいにしたいときは、「おおきさ」を「100」の2倍である「200」にすればいいんだぞ。

大きさを2倍にする例

 

 

また、スプライトのおおきさを半分はんぶんにしたいときは、「大きさ」を「100」の半分である「50」にすればいいぞ。

大きさを半分にする例

 

 

 

1つ注意点ちゅういてんとして、スプライトのおおきさはどこまでも大きくなったりちいさくなったりするわけではなく、限度げんどがあるぞ。

 

限度げんどは、スプライトによってわってくるので、どこまで大きくなったり小さくなったりするのかは、自分じぶんためしてみてほしいぞ!

 

簡単かんたんにまとめるぞ
スプライトのおおきさをにえたいときは、
1.まず最初さいしょの「おおきさ」である「100」からどのくらいおおきくしたいか、またはちいさくしたいかかんがえる。
2.そのつぎに、おおきくしたいなら「大きさ」を「100」より大きい数字すうじに、ちいさくしたいなら「100」より小さい数字にする。
3.おおきさを2ばいにしたいなら「大きさ」を「100」の2倍である「200」に、半分はんぶんにしたいなら「100」の半分である「50」にすることをおぼえておけば、このことを応用おうようして、大きさを自由じゆうえることができる。
4.スプライトの「おおきさ」には限度げんどがあり、どこまでも大きくなったりちいさくなったりするわけではない。
5.「おおきさ」は「スプライトリスト」で確認かくにんすることができる。

 

 

 

2.使い方の例

1.最初さいしょは、「おおきさを10ずつえる」ブロックを3回実行かいじっこうしてみたれいだぞ。

 

大きさを10ずつ変えるブロックを3回実行した例

 

 

 

2.つぎは、「おおきさを-マイナス10ずつえる」ブロックを3回実行かいじっこうしてみたれいだぞ。

 

大きさを-10ずつ変えるブロックを3回実行した例

 

おおきさを~ずつえる」ブロックの「~」部分ぶぶんに「-マイナスきの数字すうじ設定せっていして実行じっこうすると、スプライトのおおきさをちいさくすることができるぞ。

 

-マイナス」について
なぜ、「-マイナスきの数字すうじ設定せっていして実行じっこうすると、スプライトの「おおきさ」がちいさくなるのかというと、実行じっこうするたびに「-マイナスきの数字すうじぶん、いまのスプライトの「おおきさ」からいているからなんだぞ
よくわからないひとは、もう一回上いっかいうえ画像がぞうを、スプライトリストの「おおきさ」に注目ちゅうもくしててほしいぞ。
実行じっこうするたびに、「おおきさ」が「10」ずつっていってるな。
これは、実行じっこうするたびに、いまのスプライトの「おおきさ」から「-マイナスきの数字すうじぶんいているからなんだぞ。
なんかむずかしいとおもひとは、単純たんじゅんに「おおきさを~ずつえる」ブロックに「-マイナスきの数字すうじ設定せっていして実行じっこうすると、「おおきさ」がちいさくなるとおぼえるといいぞ

 

 

 

3.最後さいごは、「おおきくなったりちいさくなったりする」れいだぞ。

 

大きくなったり小さくなったりする例

 

このれいでは、「おおきさ」をおおきくしたあとに、ちいさくする処理しょりかえ実行じっこうしているぞ。

 

この処理しょり風船ふうせんのスプライトで実行じっこうすると、ふくらんだりちぢんだりする風船ふうせんつくれそうだな!

 

 

 

3.まとめ

 

最後さいごにまとめるぞ!

 

おおきさを~ずつえる」ブロックとは、スプライトのおおきさを「~」に設定せっていしたぶんだけえることができるブロック。
・「スクラッチ」では、どのスプライトも、最初さいしょの「おおきさ」は「100」とまっている。
おおきさを2ばいにしたいなら「大きさ」を「100」の2倍である「200」に、半分はんぶんにしたいなら「100」の半分である「50」にすることをおぼえておけば、このことを応用おうようして、大きさを自由じゆうえることができる。
おおきさを~ずつえる」ブロックの「~」部分ぶぶんに「-マイナスきの数字すうじ設定せっていして実行じっこうすると、スプライトのおおきさをちいさくすることができる

 

これをあとは、実際じっさいおおきさを~ずつえる」ブロック使つかってあそんでみるといいぞ!

それじゃまたな!

 

 

↓スクラッチ3.0はこちらをクリック

スクラッチ3.0はこちらです

 

「教育機関・プログラミング教室向け」プログラミング学習教材を販売中です!
当ブログだけのオリジナルプログラミング学習教材「0から始めるスクラッチ(Scratch)入門販売中!
この教材はこんな人におススメ!
今からプログラミング教室を開業したいけど、いい学習教材が見つからない
「解説動画」、「確認テスト」、「フィードバック用ワークシート」がついている学習教材を探している
小さい子どもでも、スクラッチ(Scratch)を体系的に学べる学習教材を探している
一人で大勢を教えることができる学習教材を探している
オフライン環境でも使える学習教材を探している
詳しい説明は↓をクリック!
スポンサーリンク
おすすめの記事