x座標を~ずつ変えるブロック-eyecatch-min

 
 

「教育機関・プログラミング教室向け」プログラミング学習教材を販売中です!
当ブログだけのオリジナルプログラミング学習教材「0から始めるスクラッチ(Scratch)入門販売中!
この教材はこんな人におススメ!
今からプログラミング教室を開業したいけど、いい学習教材が見つからない
「解説動画」、「確認テスト」、「フィードバック用ワークシート」がついている学習教材を探している
小さい子どもでも、スクラッチ(Scratch)を体系的に学べる学習教材を探している
一人で大勢を教えることができる学習教材を探している
オフライン環境でも使える学習教材を探している
詳しい説明は↓をクリック!
 
 
 

おっす!
オラはみんなにスクラッチ(Scratch)おしえるためにやってきた「きんた・まりす」だぞ。
まりす」ってんでくれたらうれしいぞ。
今回こんかいは「うごきブロック」の「x座標エックスざひょうを~ずつえるブロック」について説明せつめいするぞ。
できるだけ簡単かんたん説明せつめいするから最後さいごまでちゃんとんで理解りかいするんだぞ。
レッツ・スクラッチだぞ!
きんた・まりす
スポンサーリンク

1.「x座標を~ずつ変える」ブロックとは

 

x座標エックスざひょうを~ずつえる」ブロックとは、「~」に設定せっていした「あたいぶん、スプライトの「x座標エックスざひょう」をえることができるブロックだぞ。

※ここでいう「あたい」とは、「10」や「-10」などの「数字すうじ」のことだぞ。

 

 

 

 

「スクラッチ3.0」だと、「コードタブ」→「うごきブロック」のなかに「x座標エックスざひょうを~ずつえる」ブロックはあるぞ。

した画像がぞうをみたらすぐわかるぞ)

x座標を~ずつ変えるブロック1-min

 

x座標エックスざひょうを~ずつえる」ブロックとているブロックに「10歩動ほうごかす」ブロックがあるぞ。

 

 

2つのブロックとも「スプライト」をうごかすことができる、という意味いみではおな効果こうかをもつけど、

1つおおきなちがいがあるんだぞ。

 

そのちがいとは、

x座標エックスざひょうを~ずつえる」ブロックは「スプライト」がどこをいているか関係かんけいなくよこうごくけど

「10歩動ほうごかす」ブロックは「スプライト」がいている方向ほうこううごくんだぞ

 

「スプライト」のきが”ナナメ”のときにそれぞれ実行じっこうしてみるとちがいがよくわかるぞ。

(↓の画像がぞうをクリックしててほしいぞ。)

 

x座標エックスざひょうを~ずつえる」ブロックの場合ばあい

x座標を~ずつ変えるブロック1

 

「10歩動ほうごかす」ブロックの場合ばあい

x座標を~ずつ変えるブロック2

 

x座標エックスざひょうを~ずつえる」ブロックはよこ移動いどうしたけど、

「10歩動ほうごかす」ブロックは”ナナメ”移動いどうしたな。

 

これは、「x座標エックスざひょうを~ずつえる」ブロックは、

よこ位置いちしかあらわさない「x座標エックスざひょう」だけをえているからなんだぞ。

 

それにたいして、「10歩動ほうごかす」ブロックはよこ位置いちしかあらわさない「x座標エックスざひょう」だけでなく、

たて位置いちあらわす「y座標ワイざひょう」もえているから”ナナメ”に移動いどうしたんだな

 

 

このちがいを理解りかいすると、プログラムで「スプライト」をうごかすときに、

どのブロックを使つかうかまようことがなくなるとおもうぞ!

 

 

 

2.使い方の例

1.最初さいしょは、「x座標エックスざひょうを10ずつえる」れいだぞ。

x座標を~ずつ変えるブロック3

 

2.つぎは、「x座標エックスざひょうを100ずつえる」れいだぞ。

x座標を~ずつ変えるブロック6

 

3.最後さいごは、「x座標エックスざひょう-マイナス10ずつえる」れいだぞ。

x座標を~ずつ変えるブロック4

 

 

このれいは、「~」の部分ぶぶんに「-10」を設定せっていしたれいだぞ。

実行じっこうすると、「スプライト」がひだりうごいているのがかるとおもうぞ。

 

Tips
なんで「-マイナス10」を設定せっていすると「スプライト」がひだりうごいているのかというと、
x座標エックスざひょうを-10ずつえる」ブロックを実行じっこうすると、いまの「x座標エックスざひょう」から「10」いた「x座標」に「スプライト」が移動いどうしているからなんだぞ
(↓の画像がぞうをクリックするとわかりやすいぞ)
x座標を~ずつ変えるブロック5
なんだかむずしいとおもひとは、「-(マイナス)」がいた数字すうじは「-(マイナス)」がついていない数字の反対方向はんたいほうこううごく、とおぼえておけば大丈夫だいじょうぶだぞ。

 

 

 

 

3.まとめ

 

最後さいごにまとめるぞ!

 

・「x座標エックスざひょうを~ずつえる」ブロックとは、「~」に設定せっていした「あたい」ぶん、「スプライト」の「x座標エックスざひょう」をえることができるブロックである。
・ここでいう「あたい」とは「10」や「-10」などの数字すうじのことである。
・「x座標エックスざひょうを~ずつ変える」ブロックは「スプライト」がどこにいていようとよこにしかうごかない。

 

これをあとは、実際じっさいに「x座標を~ずつ変える」ブロックを使つかってあそんでみるといいぞ!

それじゃまたな!

 

 

↓スクラッチ3.0はこちらをクリック

スクラッチ3.0はこちらです

 

 

 

「教育機関・プログラミング教室向け」プログラミング学習教材を販売中です!
当ブログだけのオリジナルプログラミング学習教材「0から始めるスクラッチ(Scratch)入門販売中!
この教材はこんな人におススメ!
今からプログラミング教室を開業したいけど、いい学習教材が見つからない
「解説動画」、「確認テスト」、「フィードバック用ワークシート」がついている学習教材を探している
小さい子どもでも、スクラッチ(Scratch)を体系的に学べる学習教材を探している
一人で大勢を教えることができる学習教材を探している
オフライン環境でも使える学習教材を探している
詳しい説明は↓をクリック!
スポンサーリンク
おすすめの記事