~と~秒言うブロック-eyecatch-min

 
 

「教育機関・プログラミング教室向け」プログラミング学習教材を販売中です!
当ブログだけのオリジナルプログラミング学習教材「0から始めるスクラッチ(Scratch)入門販売中!
この教材はこんな人におススメ!
今からプログラミング教室を開業したいけど、いい学習教材が見つからない
「解説動画」、「確認テスト」、「フィードバック用ワークシート」がついている学習教材を探している
小さい子どもでも、スクラッチ(Scratch)を体系的に学べる学習教材を探している
一人で大勢を教えることができる学習教材を探している
オフライン環境でも使える学習教材を探している
詳しい説明は↓をクリック!
 
 
 

おっす!
オラはみんなにスクラッチ(Scratch)おしえるためにやってきた「きんた・まりす」だぞ。
まりす」ってんでくれたらうれしいぞ。
今回こんかいは「ブロック」の「~と~秒言びょういうブロック」について説明せつめいするぞ。
できるだけ簡単かんたん説明せつめいするから最後さいごまでちゃんとんで理解りかいするんだぞ。
レッツ・スクラッチだぞ!
きんた・まりす
スポンサーリンク

1.「~と~秒言う」ブロックとは

 

「~と~秒言びょういう」ブロックとは、1つめの「~」に設定せっていした”テキスト”を、2つめの「~」に設定せっていした秒数びょうすうあいだ、おしゃべりさせることができるブロックだぞ。

 

「テキスト」とは?

ここでいう「テキスト」とは、「こんにちは!」や「Helloハロー!」などの”文字もじ”のことだぞ。

 

もちろん「1」や「100」などの数字すうじも「テキスト」としてあつかうことができるぞ。

 

パソコンで”文字もじ”をちたい場合ばあいは「キーボード」から入力にゅうりょくするといいぞ。

 

 

 

「スクラッチ3.0」だと、「コードタブ」→「ブロック」のなかに「~と~秒言びょうい」ブロックはあるぞ。

した画像がぞうをみたらすぐわかるぞ)

~と~秒言うブロック1-min

 

「~」部分の設定方法

「~と~秒言びょういう」ブロックの「~」の部分ぶぶんは、した画像がぞうのように「~」の部分ぶぶんをクリックして直接設定ちょくせつせっていする方法ほうほうと、

直接設定する例1

 

あたいブロック」をはめ方法ほうほうがあるぞ。

値ブロックを設定する例1

 

 

 

「~と~秒言う」ブロックを使うときに気を付けること

 

「~と~秒言びょういう」ブロックを使つかうときにけてほしいのが、2つめの「~」には”数字すうじ”を設定せっていするということだぞ。

しかも「半角はんかく」の”数字すうじ”を設定せっていするんだぞ。

(「半角はんかく」が分からないお友達ともだちはココの「半角はんかく/全角ぜんかくキー」の説明せつめいてほしいぞ)

 

 

なんで「半角はんかく」の”数字すうじ”を設定せっていするのかは、それ以外いがい設定せっていしてみるとかるぞ。

 

 

まずは、ためしに「文字もじ」を設定せっていし、実行じっこうしてみたれいだぞ。

文字を設定した例1

 

 

つぎに、「全角ぜんかく」の”数字すうじ”を設定せっていし、実行じっこうしてみたれいだぞ。

全角の数字を設定した例

 

 

半角はんかく」の”数字すうじ以外いがい設定せっていすると、実行じっこうしてもなにきてないのがかったとおもうぞ。

 

 

これは、「~と~秒言びょういう」ブロックの2つめの「~」には「半角はんかく」の”数字すうじ”を設定せっていしなければいけないとまっているからなんだぞ。

 

 

それなのにべつあたい設定せっていすると、実行じっこうしてもなにきない、というわけだな。

 

 

こういった現象げんしょうのことを、プログラムの世界せかいでは「バグ」ってったりするぞ。

 

 

「バグ」はプログラムが上手うまうごかない原因げんいんになるから、「バグ」がいようけてプログラミングしてほしいぞ!

(「バグ」についてはこの記事で説明しているぞ)

 

 

2.使い方の例

1.最初さいしょは、「こんにちは!と2秒言びょういう」れいだぞ。

こんにちは!と2秒言う例1

 

 

2.つぎは、「あたいブロックを設定せっていした」れいだぞ。

値ブロックを設定した例1

 

このれいでは、「あたいブロック」を設定せっていして実行じっこうしてみたぞ。

 

Tips
「~と~秒言びょういう」ブロックの2つめの「~」には「半角はんかく」の”数字すうじ”しか設定せっていしてはいけないと説明せつめいしたけど、「あたいブロック」にはいっているあたいが「数字すうじ」の場合ばあいは、2つめの「~」に「あたいブロック」を設定せっていしても大丈夫だいじょうぶなんだぞ。

 

 

3.最後さいごは、「さようなら!と1秒言びょういったあと、ステージからていく」れいだぞ。

さようなら!と1秒言った後、ステージから出ていく例1

 

このれいでは、さようなら!と1秒言びょういったあと、ステージのはしまで10歩動ぽうごかし、そのかくす」ブロックで、スプライトが「ステージ」に表示ひょうじされないようにしているぞ。

 

 

かくす」ブロックを使つかうと、スプライトが「ステージ」に表示ひょうじされないようになるので、まるでステージからていったようにせることができるぞ!

 

 

3.まとめ

 

最後さいごにまとめるぞ!

 

・「~と~秒言びょういう」ブロックとは、1つめの「~」に設定せっていした”テキスト”を、2つめの「~」に設定せっていした秒数びょうすうあいだ、おしゃべりさせることができるブロックである。
・ここでいう”テキスト”とは、「こんにちは!」や「Helloハロー!」などの「文字もじ」のことである。
・「~と~秒言びょういう」ブロックの2つめの「~」には、”半角はんかく”の「数字すうじ」を設定せっていする。

 

これをあとは、実際じっさいに「~と~秒言びょういう」ブロックを使つかってあそんでみるといいぞ!

それじゃまたな!

 

 

↓スクラッチ3.0はこちらをクリック

スクラッチ3.0はこちらです

 
 

 

「教育機関・プログラミング教室向け」プログラミング学習教材を販売中です!
当ブログだけのオリジナルプログラミング学習教材「0から始めるスクラッチ(Scratch)入門販売中!
この教材はこんな人におススメ!
今からプログラミング教室を開業したいけど、いい学習教材が見つからない
「解説動画」、「確認テスト」、「フィードバック用ワークシート」がついている学習教材を探している
小さい子どもでも、スクラッチ(Scratch)を体系的に学べる学習教材を探している
一人で大勢を教えることができる学習教材を探している
オフライン環境でも使える学習教材を探している
詳しい説明は↓をクリック!
スポンサーリンク
おすすめの記事