「教育機関・プログラミング教室向け」プログラミング学習教材を販売中です!
当ブログだけのオリジナルプログラミング学習教材「0から始めるスクラッチ(Scratch)入門販売中!
この教材はこんな人におススメ!
今からプログラミング教室を開業したいけど、いい学習教材が見つからない
「解説動画」、「確認テスト」、「フィードバック用ワークシート」がついている学習教材を探している
小さい子どもでも、スクラッチ(Scratch)を体系的に学べる学習教材を探している
一人で大勢を教えることができる学習教材を探している
オフライン環境でも使える学習教材を探している
詳しい説明は↓をクリック!
 
 
 

おっす!
オラはみんなに(Scratch)おしえるためにやってきた「きんた・まりす」だぞ。
まりす」ってんでくれたらうれしいぞ。
今回こんかいは「びょうx座標エックスざひょうを~に、y座標ワイざひょうを~にえるブロック」について説明せつめいするぞ。
できるだけ簡単かんたん説明せつめいするから最後さいごまでちゃんとんで理解りかいするんだぞ。
レッツ・スクラッチだぞ!
きんた・まりす
スポンサーリンク

1.「~秒でx座標を~に、y座標を~に変える」ブロックと

「~びょうx座標エックスざひょうを~に、y座標ワイざひょうを~にえる」ブロックとは、

1つめの「~」に設定せっていした秒数びょうすうで、2つめの「~」と3つめの「~」に設定せっていした座標ざひょうに、

「スプライト」を移動いどうさせることができるブロックのことだぞ。

 

2つめの「~」には「x座標エックスざひょう」を、3つめの「~」には「y座標ワイざひょう」を設定せっていするぞ。

~秒でx座標を~に、y座標を~に変えるブロック1-min

 

 

「スクラッチ3.0」だと「コードタブ」→「うごきブロック」のなかに「~びょうx座標エックスざひょうを~に、y座標ワイざひょうを~にえる」ブロックはあるぞ。

~秒でx座標を~に、y座標を~に変えるブロック2-min

 

 

指定していした「座標ざひょう」にスプライトを移動いどうさせる効果こうかがあるという意味いみでは、

x座標エックスざひょうを~、y座標ワイざひょうを~にする」ブロックと「びょうx座標エックスざひょうを~に、y座標ワイざひょうを~にえる」ブロックはおなじだけど、

1つおおきなちがいがあるぞ。

 

そのちがいとは、「一瞬いっしゅん」で移動いどうするか、「びょう」で移動いどうするかだぞ。

このちがいは実際じっさいてもらったほうがかりやすいとおもうので、まずはてほしいぞ。

 

x座標エックスざひょうを~、y座標ワイざひょうを~にする」ブロックの場合ばあい

~秒でx座標を~に、y座標を~に変えるブロック1

 

「~びょうx座標エックスざひょうを~に、y座標ワイざひょうを~にえる」ブロックの場合ばあい

~秒でx座標を~に、y座標を~に変えるブロック2

 

x座標エックスざひょうを~、y座標ワイざひょうを~にする」ブロックは「一瞬いっしゅん」で移動いどうしているけど、

「~びょうx座標エックスざひょうを~に、y座標ワイざひょうを~にえる」ブロックは「1びょう」かけて移動いどうしているな。

 

 

このことからかるように、「~びょうx座標エックスざひょうを~に、y座標ワイざひょうを~にえる」ブロックは、「~びょう」の部分ぶぶん設定せっていした「秒数びょうすう」で

2つめの「~」と、3つめの「~」に設定せっていした「座標ざひょう」に移動いどうさせることができるんだぞ。

 

 

使つかけとして、スプライトを「一瞬いっしゅん」で移動いどうさせたいなら「x座標エックスざひょうを~、y座標ワイざひょうを~にする」ブロックを使つかい、

指定していした「秒数びょうすう移動いどうさせたい場合ばあいは、「~びょうx座標エックスざひょうを~に、y座標ワイざひょうを~にえる」ブロックを使つかうといいぞ。

 

 

2.使い方の例

1.最初さいしょは、「1びょうx座標エックスざひょうを0に、y座標ワイざひょうを0にえる」れいだぞ。

~秒でx座標を~に、y座標を~に変えるブロック3

 

1つめのれいでは、「秒数びょうすう」に「1」を、「x座標エックスざひょう」には「0」を、「y座標ワイざひょう」には「0」を設定せっていしたぞ。

実行じっこうすると、「1びょう」で設定せっていした「座標ざひょう」に「スプライト」が移動いどうするぞ。

 

2.つぎは、「2びょうx座標エックスざひょうを240に、y座標ワイざひょうを180にえる」れいだぞ。

~秒でx座標を~に、y座標を~に変えるブロック4

 

2つめのれいでは、「秒数びょうすう」に「2」を、「x座標エックスざひょう」には「240」を、「y座標ワイざひょう」には「180」を設定せっていしたぞ。

実行じっこうすると、「2びょう」で設定せっていした「座標ざひょう」に「スプライト」が移動いどうするぞ。

 

3.最後さいごは、「1びょうでx座標を”Batのx座標”に、y座標を”Batのy座標”に変える」例だぞ

~秒でx座標を~に、y座標を~に変えるブロック5

3つめのれいでは、「秒数びょうすう」に「1」を、「x座標エックスざひょう」には「Batのx座標ざひょうブロック」を、「y座標ワイざひょう」には「Batのy座標ざひょうブロック」を設定せっていしたぞ。

2つめの「~」と、3つめの「~」にはめ込んでいるのは「あたいブロック」といって、文字もじ数字すうじなどの「あたい」が入っているブロックだぞ。

 

今回こんかいれい使用しようしている「Batのx座標エックスざひょう」ブロック、「Batのy座標ワイざひょう」ブロックには、

それぞれ「Bat(スプライト)」の「x座標」の値と「y座標」のあたいはいっているぞ。

だから実行じっこうすると、「Bat」とおなじ「座標ざひょう」に移動いどうしたんだな!

 

あたいブロック」を使つかうとすこむずかしくおもうかもしれないけど、

使つかいこなせると、もっと面白おもしろいプログラムをむことができるようになるから、

ぜひ使つかいこなせるようになってほしいぞ!

あたいブロックの説明せつめいはココでしているぞ)

 

 

 

3.まとめ

最後さいごにまとめるぞ!

・「~びょうx座標エックスざひょうを~に、y座標ワイざひょうを~にえる」ブロックとは、1つめの「~」に設定せっていした秒数びょうすうで、2つめの「~」と3つめの「~」に設定せっていした座標ざひょうに、「スプライト」を移動いどうさせることができるブロックのことだぞ。

ている効果こうかをもつブロックに「x座標エックスざひょうを~に、y座標ワイざひょうを~にする」ブロックがある。
・「x座標エックスざひょうを~に、y座標ワイざひょうを~にする」ブロックと「~びょうx座標エックスざひょうを~に、y座標ワイざひょうを~にえる」ブロックのおおきなちがいは、「一瞬いっしゅん指定していした座標ざひょう移動いどうするか」、「びょう指定していした座標ざひょう移動いどうするか」である。
・「あたいブロック」を使つかうと、ほかのスプライトとおな座標ざひょう移動いどうさせることができる。

 

これをあとは、実際じっさいに「~びょうx座標エックスざひょうを~に、y座標ワイざひょうを~にえる」ブロックを使つかってあそんでみるといいぞ!

それじゃまたな!

 

 

↓スクラッチ3.0はこちらをクリック
スクラッチ3.0はこちらです

 

 

「教育機関・プログラミング教室向け」プログラミング学習教材を販売中です!
当ブログだけのオリジナルプログラミング学習教材「0から始めるスクラッチ(Scratch)入門販売中!
この教材はこんな人におススメ!
今からプログラミング教室を開業したいけど、いい学習教材が見つからない
「解説動画」、「確認テスト」、「フィードバック用ワークシート」がついている学習教材を探している
小さい子どもでも、スクラッチ(Scratch)を体系的に学べる学習教材を探している
一人で大勢を教えることができる学習教材を探している
オフライン環境でも使える学習教材を探している
詳しい説明は↓をクリック!
スポンサーリンク
おすすめの記事