「教育機関・プログラミング教室向け」プログラミング学習教材を販売中です!
当ブログだけのオリジナルプログラミング学習教材「0から始めるスクラッチ(Scratch)入門販売中!
この教材はこんな人におススメ!
今からプログラミング教室を開業したいけど、いい学習教材が見つからない
「解説動画」、「確認テスト」、「フィードバック用ワークシート」がついている学習教材を探している
小さい子どもでも、スクラッチ(Scratch)を体系的に学べる学習教材を探している
一人で大勢を教えることができる学習教材を探している
オフライン環境でも使える学習教材を探している
詳しい説明は↓をクリック!
 
 
 

おっす!
オラはみんなにスクラッチ(Scratch)おしえるためにやってきた「きんた・まりす」だぞ。
まりす」ってんでくれたらうれしいぞ。
今回こんかいは「うごきブロック」の「y座標ワイざひょうを~にするブロック」について説明せつめいするぞ。
できるだけ簡単かんたん説明せつめいするから最後さいごまでちゃんとんで理解りかいするんだぞ。
レッツ・スクラッチだぞ!
きんた・まりす
スポンサーリンク

1.「y座標を~にする」ブロックとは

 

y座標ワイざひょうを~にする」ブロックとは、「スプライト」の「y座標ワイざひょう」を、「~」に設定せっていした「あたい」にする効果こうかをもつブロックだぞ。

※ここでいう「あたい」とは、「10」や「-10」などの「数字すうじ」のことだぞ。

 

 

 

 

「スクラッチ3.0」だと、「コードタブ」→「うごきブロック」のなかに「y座標ワイざひょうを~にする」ブロックはあるぞ。

した画像がぞうをみたらすぐわかるぞ)

y座標を~にするブロック1-min

 

 

y座標ワイざひょうを~にする」ブロックの使つかかたとして、たとえば、「~」に「100」を設定せっていして実行じっこうすると、スプライトの「y座標ワイざひょう」が「100」になるぞ。

y座標を100にする例1

 

また、「~」の部分ぶぶんには「あたいブロック」をセットすることもできることをおぼえておいてほしいぞ!

 

値ブロックをはめ込んだ例1

 

 

 

y座標ワイざひょうを~にする」ブロックは、たて位置いちあらわす「y座標ワイざひょう」をきな位置いちえることができるので、

「スプライト」をたて移動いどうさせたいときなどにこのブロックを使つかうといいぞ!

 

 

2.使い方の例

1.最初さいしょは、「y座標ワイざひょうを0にする」れいだぞ。

 

y座標を0にする例1

 

 

2.つぎは、「y座標ワイざひょうを-100にする」れいだぞ。

 

y座標を-100にする例1

 

実行じっこうしたあと、スプライトリストのy座標ワイざひょうると、ちゃんとy座標ワイざひょうが「-100」になっているのが確認かくにんできるぞ。

(「スプライトリスト」のくわしい説明せつめいはココをればわかるぞ!)

 

3.最後さいごは、「ずっとみぎに5度回どまわし、x座標エックスざひょうを"き"にする」れいだぞ。

ずっと右に5度回しy座標を向きにする例1

 

このれいでは、「y座標ワイざひょうを~にする」ブロックの「~」の部分ぶぶんに「き」ブロックをはめみ、

ずっと「スプライト」をみぎ回転かいてんさせつつ、「スプライト」のy座標ワイざひょうを「き」とおなあたいにしているぞ。

 

あたいブロック」をはめむと、こんな面白おもしろうごきもつくれるから、ためしに使つかってみてほしいぞ。

 

 

 

3.まとめ

 

最後さいごにまとめるぞ!

 

・「y座標ワイざひょうを~にする」ブロックとは、「スプライト」の「y座標ワイざひょう」を「~」に設定せっていした「あたい」にする効果こうかをもつブロックである。
・ここでいう「あたい」とは「10」や「-10」などの「数字すうじ」のことである。
・「y座標ワイざひょうを~にする」ブロックは、たて位置いちあらわす「y座標ワイざひょう」をきな位置いちえることができるため、「スプライト」をたて移動いどうさせたいときなどに使つかうとよい。

 

これをあとは、実際じっさいに「y座標ワイざひょうを~にする」ブロックを使つかってあそんでみるといいぞ!

それじゃまたな!

 

 

↓スクラッチ3.0はこちらをクリック

スクラッチ3.0はこちらです

 
 

 

「教育機関・プログラミング教室向け」プログラミング学習教材を販売中です!
当ブログだけのオリジナルプログラミング学習教材「0から始めるスクラッチ(Scratch)入門販売中!
この教材はこんな人におススメ!
今からプログラミング教室を開業したいけど、いい学習教材が見つからない
「解説動画」、「確認テスト」、「フィードバック用ワークシート」がついている学習教材を探している
小さい子どもでも、スクラッチ(Scratch)を体系的に学べる学習教材を探している
一人で大勢を教えることができる学習教材を探している
オフライン環境でも使える学習教材を探している
詳しい説明は↓をクリック!
スポンサーリンク
おすすめの記事