おっす!
オラはみんなにスクラッチ(Scratch)おしえるためにやってきた「きんた・まりす」だぞ。
まりす」ってんでくれたらうれしいぞ。
今回こんかいは「ブロック」の「~と~秒考びょうかんがえるブロック」について説明せつめいするぞ。
できるだけ簡単かんたん説明せつめいするから最後さいごまでちゃんとんで理解りかいするんだぞ。
レッツ・スクラッチだぞ!
きんた・まりす
スポンサーリンク

1.「~と~秒考える」ブロックとは

 

「~と~秒考びょうかんがえる」ブロックとは、1つめの「~」に設定せっていした”テキスト”を、2つめの「~」に設定せっていした秒数びょうすうあいだ、おしゃべりさせることができるブロックだぞ。

 

 

使つかかたとしては、おなじ「ブロック」の「~と~秒言びょういう」ブロックとまったくおなじようにつかうことができるぞ。

 

 

 

 

ちがいとしては、おしゃべりしたときのしのかたちすこちがうぞ。

 

 

使つかけの目安めやすとしては、普通ふつうにおしゃべりさせたいときは「~と~秒言びょういう」ブロックを使つかい、こころこえなどを表現ひょうげんしたいときは「~と~秒考びょうかんがえる」ブロックを使つかうといいぞ。

 

~と~秒考えるブロック01-min

 

 

 

 

「テキスト」とは?

ここでいう「テキスト」とは、「こんにちは!」や「Helloハロー!」などの”文字もじ”のことだぞ。

 

もちろん「1」や「100」などの数字すうじも「テキスト」としてあつかうことができるぞ。

 

パソコンで”文字もじ”をちたい場合ばあいは「キーボード」から入力にゅうりょくするといいぞ。

 

 

 

「スクラッチ3.0」だと、「コードタブ」→「ブロック」のなかに「~と~秒考びょうかんがえる」ブロックはあるぞ。

した画像がぞうをみたらすぐわかるぞ)

~と~秒考えるブロック02-min

 

 

 

「~」部分の設定方法

「~と~秒考びょうかんがえる」ブロックの「~」の部分ぶぶんは、した画像がぞうのように「~」の部分ぶぶんをクリックして直接設定ちょくせつせっていする方法ほうほうと、

直接設定する例1

 

 

あたいブロック」をはめ方法ほうほうがあるぞ。

値ブロックを設定する例1

 

 

 

 

「~と~秒考える」ブロックを使うときに気を付けること

 

「~と~秒考びょうかんがえる」ブロックを使つかうときにけてほしいのが、2つめの「~」には”数字すうじ”を設定せっていするということだぞ。

しかも「半角はんかく」の”数字すうじ”を設定せっていするんだぞ。

(「半角はんかく」が分からないお友達ともだちはココの「半角はんかく/全角ぜんかくキー」の説明せつめいてほしいぞ)

 

 

なんで「半角はんかく」の”数字すうじ”を設定せっていするのかは、それ以外いがい設定せっていしてみるとかるぞ。

 

 

まずは、ためしに「文字もじ」を設定せっていし、実行じっこうしてみたれいだぞ。

文字を設定した例

 

 

つぎに、「全角ぜんかく」の”数字すうじ”を設定せっていし、実行じっこうしてみたれいだぞ。

全角の数字を設定した例

 

 

 

半角はんかく」の”数字すうじ以外いがい設定せっていすると、実行じっこうしてもなにきてないのがかったとおもうぞ。

 

 

これは、「~と~秒考びょうかんがえる」ブロックの2つめの「~」には「半角はんかく」の”数字すうじ”を設定せっていしなければいけないとまっているからなんだぞ。

 

 

それなのにべつあたい設定せっていすると、実行じっこうしてもなにきない、というわけだな。

 

 

こういった現象げんしょうのことを、プログラムの世界せかいでは「バグ」ってったりするぞ。

 

 

「バグ」はプログラムが上手うまうごかない原因げんいんになるから、「バグ」がいようけてプログラミングしてほしいぞ!

(「バグ」についてはこの記事で説明しているぞ)

 

 

2.使い方の例

1.最初さいしょは、「うーん...と2秒考びょうかんがえる」れいだぞ。

 

うーんと2秒考える例

 

 

2.つぎは、「あたいブロックを設定せっていした」れいだぞ。

 

値ブロックを設定した例

 

このれいでは、「あたいブロック」を設定せっていして実行じっこうしてみたぞ。

 

Tips
「~と~秒考びょうかんがえる」ブロックの2つめの「~」には「半角はんかく」の”数字すうじ”しか設定せっていしてはいけないと説明せつめいしたけど、「あたいブロック」にはいっているあたいが「数字すうじ」の場合ばあいは、2つめの「~」に「あたいブロック」を設定せっていしても大丈夫だいじょうぶなんだぞ。

 

 

3.最後さいごは、「宿題しゅくだいしなきゃと1秒考びょうかんがええたあと、ステージからていく」れいだぞ。

 

宿題しなきゃの例

 

このれいでは、宿題しなきゃと1秒考びょうかんがえたあと、ステージのはしまで10歩動ぽうごかし、そのかくす」ブロックで、スプライトが「ステージ」に表示ひょうじされないようにしているぞ。

 

 

かくす」ブロックを使つかうと、スプライトが「ステージ」に表示ひょうじされないようになるので、まるでステージからていったようにせることができるぞ!

 

 

3.まとめ

 

最後さいごにまとめるぞ!

 

・「~と~秒考びょうかんがえる」ブロックとは、1つめの「~」に設定せっていした”テキスト”を、2つめの「~」に設定せっていした秒数びょうすうあいだ、おしゃべりさせることができるブロックである。
・ここでいう”テキスト”とは、「こんにちは!」や「Helloハロー!」などの「文字もじ」のことである。
・「~と~秒考びょうかんがえる」ブロックの2つめの「~」には、”半角はんかく”の「数字すうじ」を設定せっていする。

 

これをあとは、実際じっさいに「~と~秒考びょうかんがえる」ブロックを使つかってあそんでみるといいぞ!

それじゃまたな!

 

 

↓スクラッチ3.0はこちらをクリック

スクラッチ3.0はこちらです

 
 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事