おっす!
オラはみんなに(Scratch)おしえるためにやってきた「きんた・まりす」だぞ。
まりす」ってんでくれたらうれしいぞ。
今回こんかいは「~へ行くブロック」について説明せつめいするぞ。
できるだけ簡単かんたん説明せつめいするから最後さいごまでちゃんとんで理解りかいするんだぞ。
レッツ・スクラッチだぞ!
きんた・まりす
スポンサーリンク

1.「~へ行く」ブロックと

「~へく」ブロックとは、「~」の部分ぶぶん設定せっていした場所ばしょに「スプライト」を移動いどうさせることができるブロックのことだぞ。

 

「スクラッチ3.0」だと「コードタブ」→「うごき」のなかに「~へ行く」ブロックはあるぞ。

した画像がぞうたらすぐわかるぞ。)

togoblock01-min

このブロックで大切たいせつなことは、「~」の部分ぶぶんを「プルダウンメニュー」から選択せんたくして、えることができることだぞ。

(「プルダウンメニュー」は、クリックするとあらわれるメニューのことだぞ。した画像がぞうをクリックするとわかりやすいぞ)

pulldown1

 

「~へく」ブロックは、「~」の部分ぶぶんえることで、全然違ぜんぜんちが効果こうかをもつブロックになるんだぞ。

(なんだか変身へんしんしてるみたいでカッコいいぞ!)

 

2.使い方の例

1.最初さいしょは、なにえずに「どこかの場所ばしょく」のれいだぞ。

togoblock1

「どこかの場所ばしょ」とは、「ステージ」じょうのどこか、という意味いみだぞ。

だから、「どこかの場所ばしょく」だと、「ステージ」上のどこかにランダムで移動いどうするという効果こうかをもつブロックになるぞ。

2.つぎは、「マウスのポインターへく」のれいだぞ。

togoblock2

 

「マウスのポインター」とは、マウスでうごかす矢印やじるしマークのことだぞ。

だから、「マウスのポインターへく」だと、「スプライト」がマウスのポインターがある場所ばしょ移動いどうするという効果こうかになるぞ。

ちなみに、↑のプログラムは実行じっこうすると、ずっと「マウスのポインターへ行く」、というプログラムだぞ。

3.最後さいごは、「えらんだスプライトへく」のれいだぞ。

togoblock3

 

画像がぞうのように、プロジェクトないにスプライトがいくつかある場合ばあい、プルダウンメニューに自分以外じぶんいがいのスプライトの名前なまえ表示ひょうじされるぞ。

そのスプライトの名前なまえ選択せんたくして実行じっこうすると、「~へく」ブロックは、選択せんたくしたスプライトとおな場所ばしょくという効果こうかになるぞ。

 

 

3.まとめ

最後さいごにまとめるぞ!

 

・「~へく」ブロックとは、「~」の部分ぶぶん設定せっていした場所ばしょに「スプライト」を移動いどうさせることができるブロックである。
・「~」の部分は「プルダウンメニュー」からえることができる。
・プロジェクトないに「スプライト」がいくつかあると、「プルダウンメニュー」で自分以外じぶんいがいの「スプライト」を選択せんたくすることができる。

 

これをあとは、実際じっさいに「~へ行く」ブロックを使つかってあそんでみるといいぞ!

それじゃまたな!

 

 

↓スクラッチ3.0はこちらをクリック

スクラッチ3.0はこちらです

 

スポンサーリンク
おすすめの記事