「教育機関・プログラミング教室向け」プログラミング学習教材を販売中です!
当ブログだけのオリジナルプログラミング学習教材「0から始めるスクラッチ(Scratch)入門販売中!
この教材はこんな人におススメ!
今からプログラミング教室を開業したいけど、いい学習教材が見つからない
「解説動画」、「確認テスト」、「フィードバック用ワークシート」がついている学習教材を探している
小さい子どもでも、スクラッチ(Scratch)を体系的に学べる学習教材を探している
一人で大勢を教えることができる学習教材を探している
オフライン環境でも使える学習教材を探している
詳しい説明は↓をクリック!
 
 
 

おっす!
オラはみんなにスクラッチ(Scratch)おしえるためにやってきた「きんた・まりす」だぞ。
まりす」ってんでくれたらうれしいぞ。
今回こんかいは「うご」の「みぎに15度回どまわすブロック」について説明せつめいするぞ。
できるだけ簡単かんたん説明せつめいするから最後さいごまでちゃんとんで理解りかいするんだぞ。
レッツ・スクラッチだぞ!
きんた・まりす
スポンサーリンク

1.「角度」について

角度かくどについて
もしかすると、角度かくどについてらないお友達ともだちがいるかもしれないので、簡単かんたんに角度について説明せつめいするぞ。
「スクラッチ」でいう角度とは、簡単かんたんにいうと「スプライト」がいている向きのことだぞ。
そして、今「スプライト」がどこに向いているかを「~に向いている」と表現ひょうげんしているんだぞ。
くわしくは、した記事きじ説明せつめいしているので、詳しくりたいひとは下の記事をてほしいぞ。

2.「右に15度回す」ブロックとは?

 

みぎに15度回どまわすブロック」とは、「スプライト」を右に15度回すことができるブロックだぞ。

「スクラッチ3.0」だと、「コードタブ」→「うごき」の中に「右に15度回す」ブロックはあるぞ。

した画像がぞうをみたらすぐわかるぞ)

右に15度回すブロックの説明

 

このブロックで大切たいせつなのは、このブロックを使つかって右に15度回すと、「スプライト」の向きが変わる、ということだぞ。

 

使ってみるとすぐわかるとおもうけど、このブロックを使って「右に15度回す」と、

「スプライト」の向きが変わり、最初さいしょは「90」だったのが「105度」になっているのがわかるぞ。

15度回すブロックの説明02

ちいさくてえにくいけど、「右に15度回す」ブロックを使うと「スプライト」の向きが変わっているのがわかります

 

また、このブロックは、数字すうじ部分ぶぶんきな数字にえられるぞ

たとえば、最初さいしょは「15」だけど「90」に変えれば、

「スプライト」を一気いっきまわすことができるぞ!

 

 

3.使い方の例

1.最初さいしょは、なにえずに「15度回どまわした」れいだぞ。

turn15rightBlock03

2.つぎ数字すうじを変えて「90度回した」れいだぞ。

turn15rightBlock4

3.最後は数字を「-90(マイナス90)」に変えて「-90度回マイナス90どまわした」れいだぞ。

turn15rightBlock5

 

4.まとめ

最後さいごにまとめるぞ!

 

・「スクラッチ」でいう角度とは、「スプライト」が向いている向きのこと
・「右に15度回す」ブロックとは、「スプライト」を右に15度回すことができるブロックである
・「右に15度回す」と「スプライト」の向きが変わる

 

これを見た後は、実際に「右に15度回す」ブロックを使って遊んでみるといいぞ!

それじゃまたな!

 

 

↓スクラッチ3.0はこちらをクリック

スクラッチ3.0はこちらです

 

 

「教育機関・プログラミング教室向け」プログラミング学習教材を販売中です!
当ブログだけのオリジナルプログラミング学習教材「0から始めるスクラッチ(Scratch)入門販売中!
この教材はこんな人におススメ!
今からプログラミング教室を開業したいけど、いい学習教材が見つからない
「解説動画」、「確認テスト」、「フィードバック用ワークシート」がついている学習教材を探している
小さい子どもでも、スクラッチ(Scratch)を体系的に学べる学習教材を探している
一人で大勢を教えることができる学習教材を探している
オフライン環境でも使える学習教材を探している
詳しい説明は↓をクリック!
スポンサーリンク
おすすめの記事