おっす!
オラはみんなにスクラッチ(Scratch)おしえるためにやってきた「きんた・まりす」だぞ。
まりす」ってんでくれたらうれしいぞ。
今回こんかいは「うごきブロック」の「x座標エックスざひょうブロック」について説明せつめいするぞ。
できるだけ簡単かんたん説明せつめいするから最後さいごまでちゃんとんで理解りかいするんだぞ。
レッツ・スクラッチだぞ!
きんた・まりす
スポンサーリンク

1.「x座標」ブロックとは

 

x座標エックスざひょう」ブロックとは、スプライトの「x座標エックスざひょう」をあたいとしてつ「あたいブロック」のことだぞ。

(ここでいう「あたい」とは、数字すうじ文字もじのことだぞ。)

 

 

 

 

「スクラッチ3.0」だと、「コードタブ」→「うごきブロック」のなかに「x座標エックスざひょう」ブロックはあるぞ。

した画像がぞうをみたらすぐわかるぞ)

x座標ブロック1-min

 

 

「x座標」ブロックの特徴

 

x座標エックスざひょう」ブロック特徴とくちょうは、「あたいブロック」だということだぞ。

 

 

あたいブロック」のよこには、チェックボックスがついていて、クリックし、チェックをつけることで「値ブロック」にはいっているあたいを「ステージ」に表示ひょうじさせることができるぞ。

x座標ブロック2-min

 

 

 

 

 

 

2.使い方の例

1.最初さいしょは、「x座標エックスざひょうあたいをおしゃべりする」れいだぞ。

 

x座標の値をおしゃべりする例1

 

このれいでは、x座標エックスざひょう」ブロックを「~とう」ブロックにはめみ、「x座標エックスざひょう」のあたいをおしゃべりさせているれいだぞ。

 

ちゃんと「x座標エックスざひょう」が”0”のときは”0”とおしゃべり、”103”のときは”103”とおしゃべりしているな!

 

 

2.つぎは、「x座標エックスざひょうあたいぶんうごかす」れいだぞ。

 

x座標の値ぶん動かす例1

 

 

このれいでは、「~歩動ほうごかす」ブロックにx座標エックスざひょう」ブロックをはめみ、

実行じっこうすると「x座標エックスざひょう」のあたいぶんうごくようにしたれいだぞ。

 

 

1回目かいめ実行じっこうのときは、「x座標エックスざひょう」が”10”だったから”10うごき、2回目かいめ実行じっこうでは「x座標エックスざひょう」が”20”だから”20うごいているな!

 

 

確認かくにんできなかったひとは、「x座標エックスざひょう」のあたい注目ちゅうもくしてもう一回見いっかいみてみるとわかるぞ。

 

 

3.最後さいごは、「もしスプライトの位置いちなかなら”なかだよ”とい、なかよりみぎなら”なかよりみぎだよ”とい、なかよりひだりなら”なかよりひだりだよ”とう」れいだぞ。

x座標の値によっておしゃべりする例1

 

このれいでは、「x座標エックスざひょう」のあたいが”0”か、”0よりおおきい”か、”0よりちいさい”かを判断はんだんし、もし”0”なら「なかだよ」とおしゃべりし、”0よりおおきい”と「なかよりみぎだよ」とおしゃべりし、”0よりちいさい”と「なかよりひだりだよ」とおしゃべりするようにプログラムしているぞ。

 

x座標エックスざひょう」のあたいによってなにか動作どうさえたいときは、こんなかんじのプログラムで実現じつげんできるぞ!

 

 

3.まとめ

 

最後さいごにまとめるぞ!

 

x座標エックスざひょう」ブロックとは、スプライトの「x座標エックスざひょう」をあたいとしてつ「あたいブロック」のこと。
・「あたいブロック」のよこには、チェックボックスがついていて、クリックし、チェックをつけることで「値ブロック」にはいっているあたいを「ステージ」に表示ひょうじさせることができる。

 

これをあとは、実際じっさいx座標エックスざひょう」ブロック使つかってプログラミングしてみるといいぞ!

それじゃまたな!

 

 

↓スクラッチ3.0はこちらをクリック

スクラッチ3.0はこちらです

 

スポンサーリンク
おすすめの記事