おっす!
オラはみんなにスクラッチ(Scratch)おしえるためにやってきた「きんた・まりす」だぞ。
まりす」ってんでくれたらうれしいぞ。
今回こんかいは「うご」の「x座標エックスざひょうを~、y座標ワイざひょうを~にするブロック」について説明せつめいするぞ。
できるだけ簡単かんたん説明せつめいするから最後さいごまでちゃんとんで理解りかいするんだぞ。
レッツ・スクラッチだぞ!
きんた・まりす
スポンサーリンク

1.「x座標を~、y座標を~にする」ブロックとは

 

x座標エックスざひょうを~、y座標ワイざひょうを~にする」ブロックとは、「~」の部分ぶぶん指定していした座標ざひょうに「スプライト」を移動いどうさせることができるブロックだぞ。

ひとの「~」の部分ぶぶんには「x座標」を指定していし、ふたの「~」の部分には「y座標」を指定していするんだぞ。

「~」の部分ぶぶんには「数字すうじ」か「あたいブロック」がはいるぞ。

(もし「座標」が何かよくわからない人は、下の記事を読むと「座標」についてわかるぞ)

 

「スクラッチ3.0」だと、「コードタブ」→「うごき」の中に「x座標を~、y座標を~にする」ブロックはあるぞ。

した画像がぞうをみたらすぐわかるぞ)

xzahilyouyzahilkyou1-min

 

このブロックを使つかうえおぼえておくと便利べんりなのが、

「コードタブ」にあるこのブロックの「~」部分ぶぶんは、それぞれいまの「スプライト」のx座標エックスざひょうy座標ワイざひょうあたいになるということだぞ!

した画像がぞうてほしいぞ。

xzahilyouyzahilkyou2-min

「コードタブ」にある「x座標エックスざひょうを~、y座標ワイざひょうを~にする」ブロックの「~」の部分ぶぶんが、

それぞれいまのx座標、y座標のあたいになっているのがかるとおもうぞ。

ひとの「~」がx座標で、ふたの「~」がy座標だぞ)

 

 

つぎに「スプライト」をうごかして、「x座標」を「100」、「y座標」を「50」にしてみたぞ。

xzahilyouyzahilkyou3-min

「コードタブ」にある「x座標エックスざひょうを~、y座標ワイざひょうを~にする」ブロックの「~」の部分ぶぶん注目ちゅうもくだぞ。

一つ目の「~」と二つ目の「~」の部分ぶぶんが、いまの「スプライト」のx座標とy座標のあたいわっているぞ。

 

つまり、「コードタブ」にある「x座標を~、y座標を~にする」ブロックの「~」の値は、「スプライト」の座標ざひょうおなじになるんだぞ。
このことをおぼえておくと、プログラミングするときに便利べんりだぞ!

 

2.使い方の例

1.最初さいしょは、「x座標エックスざひょうを0、y座標ワイざひょうを0にする」れいだぞ。

xzahilyouyzahilyou1

1つれいでは、ひとの「~」には「0」を、ふたの「~」には「0」を指定していしたぞ。

実行じっこうすると、「スプライト」のx座標エックスざひょうが「0」、y座標ワイざひょうが「0」になったぞ。

 

2.つぎは、「x座標を-100、y座標を100にする」れいだぞ。

xzahilyouyzahilyou2

 

2つ目の例では、一つ目の「~」には「-100」を、二つ目の「~」には「100」を指定したぞ。

実行すると、「スプライト」のx座標が「-100」、y座標が「100」になったぞ。

 

3.最後さいごは、「x座標を1から10の乱数らんすう、y座標をおおきさにする」れいだぞ。

xzahilyouyzahilyou3

 

最後は「~」の部分ぶぶんあたいブロックをはめんだれいだぞ。

ひとの「~」にはめんだあたいブロックは「1から10までの乱数らんすう」というブロックだぞ。

このブロックは、簡単かんたんうと、1から10までの数字すうじをランダムに決定けっていして、決定した数字すうじがこのブロックのあたいになるというブロックだぞ。

(↓「乱数」がよくわからないひとはこの記事きじむとすぐわかるぞ)

 

 

ふたの「~」にはめんだあたいブロックは「おおきさ」というブロックだぞ。

このブロックは、簡単かんたんうと、「スプライト」の大きさがこのブロックのあたいになるというブロックだぞ。

「スプライト」のおおきさがなんなのかは、「スプライトリスト」をるか、「おおきさ」ブロックのよこにあるチェックボックスにチェックをれればわかるぞ。

(「スプライトリスト」のみかたがからないひとは↓の記事きじるとわかるぞ)

 

 

今回こんかいれいだと、「1から10までに乱数らんすう」ブロックのあたいは「6」に、「おおきさ」ブロックの値は「100」になっているぞ。

だから、実行じっこうすると、x座標エックスざひょうが「6」、y座標ワイざひょうが「100」になったぞ。

 

3.まとめ

最後さいごにまとめるぞ!

 

・「x座標エックスざひょうを~、y座標ワイざひょうを~にする」ブロックとは、「~」の部分ぶぶん指定していした座標ざひょうに「スプライト」を移動いどうさせることができるブロックである。
ひtの「~」には「x座標」を指定していし、ふたの「~」には「y座標」を指定していする。
・「~」の部分ぶぶんには数字すうじ」か「あたいブロック」はいる。

 

これをあとは、実際じっさいに「x座標を~、y座標を~にする」ブロックを使つかってあぞんでみるといいぞ!

それじゃまたな!

 

 

↓スクラッチ3.0はこちらをクリック

スクラッチ3.0はこちらです

 

スポンサーリンク
おすすめの記事